京都で和食のランチを楽しむなら旅館のやまざき~京料理の歴史を振り返ろう~

京都の和食と言えば、「京料理」です。京料理は単に京都で採れた食材を使った料理というわけではありません。歴史とともに形成された複数の「食形式」を総合して京料理と呼ばれています。

ここでは、京料理の食形式や京料理が生まれた歴史を見てみましょう。

京料理ってどんなもの?

綺麗に盛り付けられた京料理

京都では年月の経過とともに5体系の和食様式が形成されました。この5体系を総称したものが「京料理」です。

昆布やかつお節などのだしの風味をきかせることで食材本来の美味しさを引き出し、盛り付けの美しさによっておもてなしの心を伝えるのが京料理の大きな特徴です。

大饗(だいきょう)料理

平安時代の公家社会において、高貴な身分の人たちが宴席で食した料理を指します。

精進料理

野菜や大豆などの植物性食材を使った料理です。殺生を禁止していた寺院社会で食されていたのが始まりです。

本膳料理

武家社会で客人にふるまわれていたおもてなし料理です。現在の京料理の特徴である「見た目」へのこだわりは、本膳料理から始まりました。

懐石料理

茶道の心である「わび・さび」の思想を料理に表現したのが懐石料理です。食材の季節感、料理の熱さや冷たさ、器の美しさ、そして居心地の良い食事場所まで、細部にわたっておもてなしにこだわる食文化です。

お番菜

「おばんざい」と言えば、京料理のお惣菜としてよく知られています。お番菜は庶民が口にする家庭料理として親しまれ、食材を余すところなく使い切る工夫がされています。

京料理が生まれた背景

京都は、平安京遷都以来、政治や宗教、茶の湯などの文化を中心として栄えてきました。山に囲まれた盆地であることから、比較的身分の高い人々と庶民たちとの距離感が近く、生活様式が混ざり合うことで京都独自の文化が育まれたのです。

こうした背景から、文化的行事や習わしなどが日常生活にも定着し、食文化にも影響を及ぼしたと言われています。

献上品が始まり?京料理に欠かせない食材とは

京都の風景

平安京遷都以来、長きにわたって都が置かれていた京都。

その当時、京都には全国各地から様々な野菜が献上されました。これらの献上品が京都の土壌で改良され、京都ならではの品種として現存しているものが数多くあります。

これらは京野菜と呼ばれ、九条ネギや加茂なす、壬生菜などが該当します。京野菜は美味しい京料理に欠かせない重要な食材なのです。

京都で和食のランチ・ディナーを楽しむなら旅館のやまざきへ

京都で和食のお店をお探しでしたら、やまざきへお越しください。お食事と宿泊ができる旅館です。四季折々の京都の景色を眺めながら、京都ならではの食材を使った京料理をお召し上がりいただけます。美味しい京料理をランチやディナーにいかがでしょうか?

京都で和食のランチを楽しめる旅館はやまざき

店舗名 高雄路 やまざき
住所 〒616-8261 京都府京都市右京区梅ケ畑高鼻町13
TEL 075-881-2303
営業時間 11:00-21:00 年中無休
URL http://www.ryokan-yamazaki.co.jp/