右京区で会席料理を提供~会席料理には食べる順番と会食マナーがある?~

会席料理は食べる順番に決まりがあり、順番に食べることで料理を最も美味しくいただけるとされています。会食の席で心地よく会席料理を味わうためには、食事のマナーにも気をつけることも大切です。

右京区で会席料理のお店を探している方は、やまざきへお越しください。慶事や祭事、法事など様々なシーンでご利用いただけます。

会席料理には食べる順番がある?

会席料理を食べる順番

会席料理は複数の料理で構成されています。決まった順番で出される場合、出された順に食べていくのが一つのマナーです。洋食と同じように、会席料理でもまずは前菜が出されます。

続いてお吸い物です。お吸い物は、続く料理のために味覚をフラットに戻すためのもので、薄めに味付けされています。

口の中がリセットされたら、季節の魚を使ったお刺身が出されます。その後焼き物、煮物、揚げ物などが続きます。こちらも季節の魚や野菜を使い、揚げ物は天ぷらが一般的です。

メインディッシュとも言えるこれらのメニューが落ち着いた頃、蒸し物が出されます。蒸し物は、茶碗蒸しが多いでしょう。そして酢の物で口の中を再びリセットさせ、ご飯や味噌汁、香の物で締めくくります。この後に食後のデザートとして季節の果物や和菓子、そしてお茶をいただきます。

料理を出された順に食べていくことで、料理の温度を損なわず美味しいうちに食べることができます。お酒を嗜む際の食事であったため、刺身や焼き物などが先に出され、飯や汁物が最後に出されるのが会席料理の大きな特徴と言えます。

会席料理の作法を知って楽しい会食を

色鮮やかな会席料理

小さな器は持っても良い

手のひらよりも小さな器は、手で持って食べても良いとされています。

ただし、お箸と器を一緒に持ち上げるのはマナー違反となりますので、両手で器を持ち上げ、左手に器を持ってから右手でお箸を持つようにします。ゆっくりとした動作を心がけるのがポイントです。

箸は箸置きに

食事中に箸を置く場合、器の上に置いて渡し橋をするのはマナー違反となるため、必ず箸置きに置きます。箸置きがないとき、割り箸の場合は箸袋を結んで箸置きを作ります。

箸置きを作っている間は手前の小さな受け皿などの縁に先端だけを掛けて置きます。箸袋がない場合は懐紙を使用する方法もあります。

お椀の蓋の扱いにも注意

汁物椀の蓋の裏は湯気で濡れているため、蓋を開けたら必ず裏側を上にしてお椀より外側に置きます。お椀が右にあれば右外、左にあれば左外です。

お椀の中を食べ終えたら蓋を戻します。これが「食べ終わりました」というサインになります。

京都市で会席料理を楽しむなら右京区のやまざきへ~慶事・祭事・法事もお任せ~

京都市で会席料理のお店をお探しではありませんか?美味しい日本料理・和食を楽しみたいという方は、ぜひ右京区にあるやまざきへお越しください。旬の食材と彩り、そしておもてなしの心を込めた会席料理を提供しております。

美味しいお酒とあわせて楽しむのも会席料理の醍醐味です。慶事や祭事、法事など様々なシーンに適したメニューをご用意して皆様のご予約・ご来店をお待ちしています。

右京区で会席料理を法事に利用するならやまざき

店舗名 高雄路 やまざき
住所 〒616-8261 京都府京都市右京区梅ケ畑高鼻町13
TEL 075-881-2303
営業時間 11:00-21:00 年中無休
URL http://www.ryokan-yamazaki.co.jp/