京都で会席料理を慶事・祭事に利用するなら~法事後の「会食」について~

法事や慶事の後には、「会食」が行われるのが一般的です。実は法事と慶事では食事の内容が異なり、法事ではNGとされるメニューがあるのをご存知でしょうか?

ここでは、法事後の会食について詳しく見てみましょう。また、会場選びのポイントをご紹介します。京都で法事の会食に会席料理を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

なぜ法事後に「会食」を行うの?

説明する女性

法事が終わった後の会食には、故人への供養、僧侶への感謝、参列者への感謝の意味が込められています。

法事後の会食の場をお斎(おとき)と言い、法事の一環として、故人との思い出をみんなで語り合う場の役目があります。

慶事・祭事のメニューはNG!?法事の会食に出すメニューの選び方

慶事に使われるメニューは避ける

お寿司や仕出し弁当、懐石・会席料理など、法事の会食には様々な料理が使われます。しかし、これらは祝い事の「慶事」でも出されるメニューです。慶事では伊勢海老や鯛、紅白なます、松竹梅にまつわるメニューなどがよく取り入れられます。

法事ではお祝い事で使われる食材やメニューはタブーとされていますので、自宅以外で会食を行う際は、法事後の食事である旨を伝えるようにしましょう。

四十九日を過ぎてから肉や魚を

お通夜や葬儀の食事では、一般的に肉や魚を使用した料理は出しません。四十九日を迎えてから通常の食事に戻すのが一般的です。忌明けの会食から肉や魚を使った料理に変わります。

会食の場所選びのポイント

黒板に書かれたPOINT

自宅での会食

小さなお子様やご年配の方がいる場合は、自宅での会食がおすすめです。周りのお客様に気を使ったり、迷惑をかけたりする心配がありません。自宅ならアットホームな雰囲気の中で、ゆっくり食事をしながら語り合えます。

また、仕出し弁当などを配達してもらうのであれば、受け取りのために誰かが自宅で待機する必要があることも忘れてはいけません。会食時間に間に合うように配達時間も設定しましょう。

自宅以外で会食

法事を行ったお寺で会食をすれば移動する必要はありませんが、料理の手配は施主が行います。また、ホテルの宴会場や飲食店の個室を利用するという方法もあります。お寺から会場までの送迎を行っているところもありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

その他、自宅以外での会食で確認しておきたいのがトイレや食事場所の形式です。高齢者が多い場合は、和式トイレは避けた方が良いですし、椅子に座れた方が足や膝の負担がかかりません。電話などで事前にトイレや食事場所を確認してから予約しましょう。

京都で法事後の大切な時間をゆっくり過ごすなら会席料理のやまざきへ

法事後の会食の席では、みんなで故人との思い出をゆっくり語り合いたいものです。京都のやまざきでは、旬の素材を取り入れた会席料理を味わいながら、大切な時間をお過ごしいただけます。

お子様をお連れの方、ご年配の方でも寛いでいただけるよう、お座敷もご用意しております。法事の他、慶事・祭事など、様々なシーンにご利用が可能です。普段のお食事はもちろん、大切な特別の日の会食にご利用ください。

京都で会席料理を楽しめる旅館はやまざき

店舗名 高雄路 やまざき
住所 〒616-8261 京都府京都市右京区梅ケ畑高鼻町13
TEL 075-881-2303
営業時間 11:00-21:00 年中無休
URL http://www.ryokan-yamazaki.co.jp/