京都で会席料理を楽しめる旅館を利用するならやまざきへ料金のお問い合わせを~季節のグルメを味わおう~

近年、養殖技術や栽培技術が進歩したことで、季節を問わず様々な食材が食卓に並ぶようになりました。しかしながら、食材には本来「旬」があり、旬食材には他では味わえない大きな魅力があるのです。

ここでは、旬の食材が持つ魅力と京都ならではの旬食材をご紹介します。京都で旬の食材を堪能したい方は、季節に応じた会席料理を提供するやまざきへお越しください。

季節のグルメを味わう!旬食材が持つ魅力とは?

ざるの中に入っている季節の野菜

食材そのものの味が楽しめる

旬食材の最大の魅力は、やはり「食材の美味しさ」です。もちろん、旬の時期以外だと、味が落ちるということではありません。いつも以上に美味しさや栄養価が増すのが「旬の時期」なのです。

旬を迎えた食材は旨味が凝縮しているため、食材が持つ本来の味がより引き立ちます。また、香りのある食材はさらに香り高くなります。

味付けは少し控えめにして、食材そのものの風味や旨味を存分に楽しんでみてはいかがでしょうか?

体調を整えるのに最適

夏に旬を迎える食材の多くは、夏場の体を整える力があります。例えば、トマトやスイカなどは夏が旬の食材です。夏の旬食材には水分を豊富に含んでいるものが多く、火照った体を冷やしてくれます。

一方、寒い時期に旬を迎える根菜類は、食材そのものが体を温める働きがあります。煮込み料理や鍋などの温かい料理として提供される点でも、冬の体調を整えるのに相応しい食材だと言えるでしょう。

低価格

食材は旬を迎えると市場に出回る量が豊富になり、価格が安くなる傾向にあります。旬以外の食材は収穫量が減少したり、温室などの特別な環境下でコストがかかったりして旬の季節より価格が下がりません。旬の食材を食卓に取り入れることは、家計の節約にもつながります。

京都ならではの旬食材

ざるの上に置かれた聖護院だいこん

京都の冬の味覚といえば「聖護院だいこん」です。美しい白い肌をした丸型で、肉質の緻密さを持つ京都の伝統野菜の代表格です。

また、赤色が鮮やかな「金時にんじん」、肉質が柔らかい「堀川ごぼう」も冬に旬を迎えます。

京都の代表的な食材である「筍」は春、「鱧(はも)」は夏、「加茂なす」は初夏から秋に旬を迎えます。京都の暑い夏の会席料理にもよく取り入れられる食材です。

京都で会席料理の旅館を利用するなら旬食材を知り尽くしたやまざきへ~料金のお問い合わせはお気軽に~

やまざきでは季節に合わせて旬の食材を厳選し、素材が持つ本来の美味しさを存分に味わっていただける会席料理を提供しております。

見た目の美しさにもこだわり、会食の場を華やかに彩ります。京都で会席料理を楽しめる旅館をお探しでしたら、まずはやまざきへ料金をお問い合わせください。

京都で会席料理を法事に利用するならやまざき

店舗名 高雄路 やまざき
住所 〒616-8261 京都府京都市右京区梅ケ畑高鼻町13
TEL 075-881-2303
営業時間 11:00-21:00 年中無休
URL http://www.ryokan-yamazaki.co.jp/