うどんや寿司などのランチは右京区の【やまざき】へ~海外でも人気!寿司の起源~

右京区で和食を提供するお店をお探しなら【やまざき】へ

右京区には桜や紅葉など、四季の移ろいを感じさせる観光スポットが豊富にあります。その右京区で食事を楽しむなら、やはり和食は欠かせません。

右京区にある【やまざき】では、季節に応じた旬の料理を提供しております。観光客の方はもちろん、地元の方もご来店いただけるようにランチバイキングなども実施中です。

宴会の席や歓送迎会・新年会など様々なシーンに合わせてご利用いただけます。会場探しでお悩みの際はお気軽にご連絡ください。

ランチは右京区でこだわりの和食を提供する【やまざき】へ~うどんや寿司などのメニューをご用意~

ランチは右京区でこだわりの和食を提供する【やまざき】へ~うどんや寿司などのメニューをご用意~

右京区でランチをお考えなら、旬の食材を活かした多彩なメニューをご用意する【やまざき】へお越しください。

きつねうどんや肉うどん、寿司などのメニューをご用意しております。程良いコシの強さと喉越しの良さが特徴のうどんは、小さいお子様から年配の方まで幅広い年齢層の方に親しまれています。

四季の移ろいを楽しめる庭園もあり、京都ならではのおいしい料理を美しい景色を眺めながらお楽しみいただけます。右京区でランチを利用する際は【やまざき】で楽しいひと時をお過ごしください。

寿司の始まりはいつから?

寿司の始まりはいつから?

日本の代表的な料理である「寿司」は、海外にも数多くの店舗が登場するなど、世界中で人気の高い料理の一つです。

その寿司の起源は紀元前4世紀頃の東南アジアだといわれています。当時の東南アジアには、穀物などに魚を混ぜて保存する貯蔵方法がありました。この貯蔵方法が中国・朝鮮を越えて、日本に渡ってきたのです。

平安時代には税として「なれずし」が納められ、安土桃山時代に日本で初めて「酢」が作られると、後に酢飯に魚介類をつけて出す「はやずし」が誕生。そして江戸時代には、現代の寿司の原型ともいえる「握り寿司」が考案されたのです。当時の握り寿司は主に屋台で販売されており、江戸の庶民は立ったまま食べていました。

時を経て1950年代に「回る元禄寿司」、その後「京樽」などの寿司屋が開店し、1980年代には冷蔵技術の発展によって庶民の間でも寿司が親しまれるようになっていきます。

右京区でランチをするなら【やまざき】へ

店舗名 高雄路 やまざき
住所 〒616-8261 京都府京都市右京区梅ケ畑高鼻町13
TEL 075-881-2303
営業時間 11:00-21:00 年中無休
URL http://www.ryokan-yamazaki.co.jp/