右京区でランチを食べるなら子連れの利用も可能な【やまざき】へ!駐車場を完備~和食の歴史~

右京区でランチ(和食)を食べるなら【やまざき】へ~子連れでも気軽にお越しいただけます~

右京区でランチ(和食)を食べるなら【やまざき】へ~子連れでも気軽にお越しいただけます~

右京区ランチを食べるなら、観光に便利なエリアにある【やまざき】へお越しください。京都を代表する観光スポットから近く、ランチには京都ならではの和食を手軽に楽しめるバイキングをご用意しております。

また、座敷の席もございますので、子連れの方も気軽にご利用いただけます。落ち着いた雰囲気の店内で、こだわりがつまった和食を召し上がってください。

【やまざき】は期間限定のメニューもご用意!~駐車場もあるので安心~

右京区の【やまざき】では天ぷらうどんや親子丼など、旬の食材を活かした和食のメニューを豊富にご用意しております。素材の一つ一つにこだわって作った料理です。忘年会や新年会におすすめの期間限定のメニューもございます。

右京区で美味しいランチを楽しみたい、忘年会や新年会などの会場を探しているという場合は、駐車場を完備する【やまざき】をご利用ください。ご予約をお待ちしております。

日本文化の結晶!「和食」の歴史

日本文化の結晶!「和食」の歴史

日本人だけではなく、外国人にも人気がある日本の「食」。日本の食文化は非常に古く、縄文時代は狩猟や魚・採集などで食が賄われていました。その後、弥生時代になると稲作が全国各地に広がり、農耕文化が始まります。この文化の流れを受けながら、奈良時代には貴族階級の食事に米が食されるようになったのです。

ただ、当時の庶民は米ではなく、粟などの雑穀を主食として食べていたとされます。平安時代の頃には日本食の基礎ができあがり、貴族の食卓では美を尊重して見るための料理も誕生します。そして武家の世である鎌倉・室町時代には、玄米食と獣肉を自由に食べる風潮が広がり、安土・桃山時代は外国からの食物によって食の広がりが見られるようになります。

また、千利休をはじめとする茶人も現れ、茶の湯が流行するとともに懐石料理が登場しました。江戸時代になってからは塩・味噌・酢などの調味料に加え、砂糖・昆布・醤油、本格的な「出汁」も使われ始めます。中でも出汁は時代の変化とともに洗練されていき、現代の和食の繊細な味わいを作り出すまでに至ったのです。

右京区でランチをするなら【やまざき】へ

店舗名 高雄路 やまざき
住所 〒616-8261 京都府京都市右京区梅ケ畑高鼻町13
TEL 075-881-2303
営業時間 11:00-21:00 年中無休
URL http://www.ryokan-yamazaki.co.jp/